2011年07月30日

ソフトウェアの開発の経緯とか。(その2)

■ Kprint Message Monitor

公開してみたものの、ほとんどダウンロードされてません。
まぁ、Visual StudioとかのIDEを使っていれば、printf()をそのまま使えますし。。。
でも、作者としては一番利用頻度が高いです。
公開しているソフトウェアの開発でほとんど利用しています。
現時点では、C/C++からしか利用できないですが、将来的にはVBやC#からも使えるようにするかもしれません。
(socketを利用して『Multi Port Terminal』で受けても同じことができるから開発するメリットがあまりないよなぁ。。。)
posted by kana-soft at 21:00| Comment(0) | ソフトウェア
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: