2011年07月31日

ソフトウェアの開発の経緯とか。(その3)

当時、HDVビデオカメラからIEEE1394でストリーム出力するドライバを担当していたのですが、そのときにPCでHDVのストリームをキャプチャしたくて自作してみました。
キャプチャの方は、SampleGrabberというDirectShowのフィルタを使って簡単に出来たのですが、ストリームの書き戻しの方が利用できるフィルタが無かったので、最終的に書き戻し用のフィルタを作りました。
今となってはIEEE1394も消え行くデバイスなので、あまり利用する機会もないでしょう。
(と言って、私が所有しているビデオカメラはHDVなので、私はもう少し利用しそうですけど。。。)
DVのキャプチャは、おまけで実装しました。
posted by kana-soft at 13:31| Comment(0) | ソフトウェア
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: